モノタロウがマド開け急落、今12月期減額がネガティブサプライズに

 MonotaRo<3064.T>がマドを開けての急落となった。同社は29日、13年12月期通期の連結業績予想の下方修正を発表、これがネガティブサプライズとなった。売上高は従来予想の353億3300万円から341億400万円(前期比18.7%増)に、最終利益は24億700万円から22億5300万円(同33.4%増)に減額した。中小製造業を中心とした既存顧客の需要の回復が鈍く、売上高が想定を下回ったほか、最終利益は販売促進費が負担となった。また、自動車用ブレーキパッド部品の自主回収に伴う特別損失の計上が響いている。

モノタロウの株価は10時10分現在2347円(▼283円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)