ダウ、S&P500史上最高値更新!!

ドル円上値追いなるか
NYダウは111ドル高い15,680ドル
S&P500は9ドル高い1771ドル
どちらも高値引けでした。
理由はFOMCで当たり前ですが、金融緩和の継続が続くということですが、なぜこんなに直前になって?という疑問も感じられます。
とはいえ、上がるからには買うしかないということで、バブルであろうが、理論値とかけ離れていようが「いくところまでいってしまう」のではないでしょうか。
まさに「目をつぶって買え!」状態ですね。
年初のドル円の上昇を思い起こされます。

さて、そんなNYダウの上昇を受けて、日経平均も+142円高い14,468円(9時45分)
ドル円も98円に乗せ底堅い展開が続きそうです。
98円台は99円台で売れなかった実需の売りが大量にあるということですが、月末要因でどんな注文が出てくるか分かりません。
一部では、「FOMCを通過すれば材料出尽くしのドル買いが入るのでは。」という声もあるようで、ドル円は底堅い展開を期待します。

明確なレジスタンスは99円でしょうか。
振り返ってみれば200日移動平均線で見事にサポートされた形となりました。
昨晩のような押し目の無い上げ方をすれば、「とにかく乗ってみる」というスタンスもおもしろそうです。