ダイジェットが安い、今3月期下方修正を嫌気

 ダイジェット工業<6138.T>が安い。同社は29日に14年3月期通期の連結業績見通しの下方修正を発表しておりこれが嫌気されている。売上高は従来予想の92億円から88億5000万円(前期比1.2%増)に最終利益は3億6000万円から2億3000万円(同12.5%減)に減額、最終利益は3割以上の増益見通しから一転2ケタ減益となったことでインパクトが大きかったもようだ。超硬工具を手掛けているが、自動車生産回復の追い風局面も国内の伸びが想定を下回った。

ダイジェットの株価は10時36分現在166円(▼6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)