タダノが急反騰、14年3月期業績予想と配当予想を上方修正

 タダノ<6395.T>が急反騰。29日引け後に14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高1550億円、経常利益155億円から、売上高1750億円(前期比29.8%増)、経常利益187億円(同63.3%増)に上方修正したことを好感した買いが入っている。上期において、国内では建設用クレーンや車両搭載型クレーン、高所作業車の売り上げが増加したほか、海外では円安や一部地域の旺盛な需要を背景に増加したことが要因という。また、業績予想の修正に伴い、従来、中間・期末各8円としていた配当について、各9円の年間18円(従来予定16円、前期12円)にするとしており、これもプラス評価されているようだ。
 なお、同時に発表された第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高867億5400万円(前年同期比38.9%増)、経常利益104億9600万円(同3.0倍)と大幅増収増益となった。

タダノの株価は10時42分現在1372円(△191円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)