セコムが反発、9月中間期営業益555億円で過去最高と報じられる

 セコム<9735.T>が反発。きょう付の日本経済新聞で、第2四半期累計(4~9月)の連結営業利益が前期比1割増の555億円程度となり、9月中間期として過去最高を更新したもようだと報じられたことを材料視。会社予想は532億円(前年同期比5.6%増)。記事によると、企業業績の回復を背景に企業向けに高機能な警備サービスが伸びたほか、家庭向け警備も好調だったという。また、データセンターなどの情報通信事業も伸びたとしている。これに対して会社側では「当社が発表したものではない。第2四半期の業績については11月6日に発表を予定している」とのコメントを発表している。

セコムの株価は11時9分現在6000円(△110円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)