JR東海が3日続伸、14年3月期業績予想の上方修正を好感

 JR東海<9022.T>が3日続伸。29日引け後に14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高1兆5980億円、営業利益4270億円、純利益2220億円から、売上高1兆6210億円(前期比2.3%増)、営業利益4440億円(同4.2%増)、純利益2290億円(同14.5%増)に上方修正したことが好感されている。上期においてビジネス、観光ともに利用が順調に推移して運輸収入が増加したほか、グループ会社の業績も順調に推移し、想定を上回ったことが要因としている。
 同時に発表した第2四半期累計(4~9月)連結決算は、売上高8147億5900万円(前年同期比3.2%増)、営業利益2881億8200万円(同18.3%増)、純利益1595億8000万円(同39.7%増)となった。20年に一度の式年遷宮の年を迎えて盛り上がる伊勢神宮をはじめ、各方面の観光キャンペーン展開を推進したことなどが寄与した。

JR東海の株価は11時19分現在1万2930円(△220円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)