東証マザーズ(前引け)=マザース指数は反落、メディアシークなどが値を崩す

 30日前引けの東証マザーズ指数は前日比33.40ポイント安の858.57ポイントと反落。
 メディアシークやソケッツ、NVC、ユナイテッド、ネットイヤー、フライトなどが値を崩している。半面、リアルコムがストップ高となり、省電舎、エイジア、FUJIKO、日本アジアグループなども一段高。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)