富フロンテックが反発、第2四半期の上振れ着地を好感

 富士通フロンテック<6945.T>が反発、一時前日比20円高の820円まで買われている。同社は午後1時、14年3月期の第2四半期累計(4~9月)決算を発表、連結売上高で当初計画の452億円に対して488億2100万円(前年同期比8.6%増)、営業利益1億円に対して3億7800万円(前年同期実績9億200万円の赤字)と上振れで着地している。金融ビジネスでは、海外向けメカコンポーネントや営業店端末が好調に推移し、流通ビジネスでは、国内外でPOSが伸長している。通期は売上高1030億円(前期比2.5%増)、営業利益37億円(同57.0%増)の予想を継続している。

富フロンテックの株価は13時18分現在810円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)