ヤマシナが後場急動意、第2四半期業績見込みの上方修正を好感

 ヤマシナ<5955.T>が後場急動意で、前日比5円高の54円をつける場面があった。午後1時30分ごろ、集計中の第2四半期累計(4~9月)の連結業績について、従来予想の売上高26億円、営業利益7000万円、純利益5500万円を利益面で上回り、売上高25億5200万円(前年同期比5.5%減)、営業利益1億1200万円(同86.7%増)、純利益1億700万円(同98.1%増)になりそうだとの上方修正を発表したことを好感した買いが入っている。取引先の自動車メーカーでエコカー補助金による需要先食いの反動などで国内生産が停滞気味に推移し、これにより売上高は予想を下回る見込みだが、生産効率の向上に努め、コスト削減を徹底したで利益を増額するとしている。

ヤマシナの株価は13時42分現在52円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)