テクノ菱和が安い、第2四半期赤字拡大で買い手控え

 テクノ菱和<1965.T>が安い。きょう午後2時に集計中の今14年3月期の業績予想を修正。集計中の第2四半期累計(4~9月)は前回予想の連結売上高220億円を191億9000万円(前年同期比5.9%増)に引き下げ、経常損失1億円を3億9200万円の損失(前年同期5億7300万円)へ赤字幅拡大を予想したことで買いが手控えられた。ただ、通期は売上高510億円を508億円(前期比8.7増)に引き下げる一方、経常利益6億4000万円から7億3000万円(同94.1%増)に引き上げるなど利益予想を増額している。第2四半期は受注時期の遅れと手持工事の進捗が遅れ、売上高、利益とも計画を下回るが、通期はビル設備工事受注が堅調に推移しており、原価管理による工事採算性の向上で、利益が予想を上振れる見込み。

テクノ菱和の株価は14時25分現在455円(▼3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)