日機装が上値慕う、化学用ポンプが好調

 日機装<6376.T>が出来高増勢のなか上昇、出遅れ感に目をつけた物色資金が回っている。株価は8月下旬と10月早々に1000円トビ台で二点底を形成、直近は25日移動平均線を抜いて上昇一服場面にあったが、1100円台でこなしていた売り物が薄くなり上値慕いの動きに変わってきた。化学用ポンプで業界首位にあるが、原油掘削向けが好調なほか、シェールガス革命に沸く米国で化学プラント向けに高水準の需要を取り込んでいる。航空機向けでは逆噴射装置部品が好調。また、医療機器やナノテク分野への展開も厚く、評価の切り口は多彩だ。
 
日機装の株価は14時50分現在1197円(△21円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)