大平洋金は14年3月期業績予想を下方修正、フェロニッケル需要の低迷続く

 大平洋金属<5541.T>は30日、2014年3月期連結業績予想の下方修正を発表した。売上高は550億1500万円から532億1400万円(前期比9.0%減)に見直したほか、営業損益は7億5500万円の赤字から41億2100万円の赤字(前年同期は21億6800万円の黒字)、最終損益は3億6400万円の赤字から43億7200万円の赤字(同21億2600万円の黒字)に修正した。ステンレス鋼業界の需要低迷により、フェロニッケルの販売も厳しい状況が予想されることが下方修正の要因に挙げられている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)