ホンダ、中核事業に集中・・・売却・購入の双方に注目

ニュースを半歩先読み術 ホンダ、中核事業に集中・・・売却・購入の双方に注目
ニュースを半歩先読み術 ホンダ、中核事業に集中・・・売却・購入の双方に注目

ホンダ、中核事業に集中 日本経済新聞 企業総合 11面

ホンダが電子部品子会社のホンダエレシスの保有株を日本電産に売却、太陽電池事業から撤退するなど、中核事業に集中するとの記事です。「選択と集中」ですね。基本的には、ホンダ、日本電産の両社にとって良いニュースだと思います。特に買った日本電産は、得意のモーターと電子制御技術を組み合わせればモジュール化した部品を製造できるようになります。将来的には、主要部品はモジュール化された部品を組み合わせるだけで車が出来る可能性があるので、自動車組み立てのトヨタ、ホンダなどよりモジュール化された部品を製造する企業のほうが強くなるかも知れませんね。

(6594) 日本電産 (東証1部) 9,100 -70 [売買単位:100株]
直近高値9,330円を抜ける展開になれば、1万円が見えてくるかも知れません。

(7267) 本田技研工業 (東証1部) 3,965 +50 [売買単位:100株]
決算発表を受けて、さてどちらに動くでしょうか? 4千円の大台を抜ければ、上値は軽くなりそうですが、抜けないと、4千円手前で3回はね返されているのでまた反落となりそうです。3900円・4000円どちらか抜けたほうに付くのも一手では?

今日も皆様に相場の福が授かりますように!!

※本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。