ガンホーが3日続落、引き続き第3四半期決算をネガティブ視、いちよしは投資判断引き下げ

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765.T>が前日のストップ安に続いてこの日も下落し大幅3日続落となっている。引き続き29日引け後に発表した第3四半期累計(1~9月)連結決算で、第3四半期(7~9月)が第2四半期(4~6月)比で減収減益となったことが嫌気されている。
 また、この日はいちよし経済研究所が投資判断を「A」から「B」とし、フェアバリューを12万円から8万8000円に引き下げたことも観測されている。国内の「パズル&ドラゴンズ」が鈍化し、足もとの業績が予想を下回っていると指摘。従来のような国内「パズドラ」へ依存する形での高成長の持続は難しいと判断しており、13年12月期の営業利益予想を1200億円から907億円へ、14年12月期を同2050億円から1188億円に下方修正している。

ガンホーの株価は9時45分現在6万2400円(▼2300円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)