エフアンドエムが反落、今3月期予想増額も利益確定売りなどに押される

 エフアンドエム<4771.T>が反落。同社は30日大引け後に14年3月期予想を修正。通期連結売上高で当初計画の42億400万円から42億4400万円(前期比5.4%増)、営業利益で5億1600万円から5億6000万円(同11.1%増)へ増額修正したが、株価は10月8日の305円を底に上昇基調を続けていたことから、この日は利益確定売りなどに押されている。タックスハウス事業が当初計画を上回る見込みであることに加え、子会社のエフアンドエムネットのグループ外取引比率も増加している。

エフアンドエムの株価は9時55分現在393円(▼19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)