ドル円、再度上値挑戦か!?

マーケットコンディション
昨日は、98.18円からスタートし、98円前半で推移する中、10月ADP全米雇用報告がネガティブなものとなり、98円台ぎりぎりの98.06円まで値を下げる展開を見せたが、注目のFOMCの声明文では、テーパリング開始時期を巡る見解に全く変更が見られなかったことから、買い方優勢となり上昇し、98.67円の高値を付ける。その後若干の戻しが入るも98.54円でクローズをむかえた。
ドル円、再度上値挑戦か!?
ADPはネガティブ、FOMC声明文はポジティブとなり、結果、買い方優勢。
98円台後半に突入したドル円だが、月末の実需の動きが気になるところである。本日は、利食いが出る可能性はあるが、買い方優勢の状態が継続するのではないか。フィボナッチで目標を算出すると、直近の高値である10/17の高値98.99円レベルは9/11の高値100.60円から10/8の安値96.56円に対しての61.8%戻りが99.05円となりレベルが被る。上値の目安は99円を超えるかにかかっていそうである。もし99円達成した場合、買い方としては一度利食いも入ると見るが、上抜けた場合、三角持ち合いを上抜けるので100円挑戦も見えてくる。

☆戦略
買い継続

ポイントレベル

103.73(5/22の高値)
102.50(5/24・5/28・5/29の高値50アラウンド)
101.87(93.79-98.68-96.96:エクスパンション100%戻し)
101.27(7/8の高値)
100.86(7/19の高値)
100.60(9/11の高値)
100.00
99.67(9/20の高値)
99.06(9/11H100.60-10/8L96.56の61.8%)
98.99(10/17の高値)

-------------------------------------------------------

96.56(10/8の安値)
95.92(8/12の安値)
95.79(8/8の安値)
95.58(7/8H101.53-7/11L98.27-/19H100.86の161.8%)
93.79(6/13の安値)

注)本日の予想は10月31日9:50に寄稿したものです。
また、上記レートは弊社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。