99円が視野に=外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

99円が視野に
ドル/円相場は昨日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後にドル高・円安が進み、60日移動平均線付近での上値の重さを払拭。98円台後半まで値を伸ばした。

テクニカル面の要所を超えたことで、次の99円がターゲットとして視野に入ってきた。
主要国株価や米長期金利、本日発表の米新規失業保険申請件数(21時30分)や米10月シカゴ購買部協会景気指数(22時45分)などの結果を手掛かりに、上昇の流れをどこまで維持できるかが目下のところ焦点となろう。

なお、下げた場合は昨日突破してきた60日移動平均線(執筆時点:98.286円)や98.000円のラインがそれぞれ目途として意識される。