アイレックスは軟調、不採算案件発生などで第2四半期利益予想を下方修正

 アイレックス<6944.T>は軟調。30日取引終了後に今14年3月期集計中の第2四半期累計(4~9月)の利益予想を下方修正した。連結業績について売上高は前回予想の16億円を18億5200万円(前年同期比11.8%増)に引き上げたが、経常利益5億5000万円を3億2000万円(同52.9%減)に引き下げるなど利益予想を減額。通信、業務アプリ、ファーム関連のソフト開発やシステム構築・評価案件が好調で売上高は計画を上回ったが、不採算案件の発生、稼働率低下などにより原価率が悪化し、利益が下振れる。

アイレックスの株価は10時2分現在70円(▼2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)