ドル円はレンジ揉み合いが継続。98.20~85がレンジか?

ドル円はレンジ逆張り。クロス円は押し目買いから。
昨晩の概況

おはようございます。FOMCは予想通りでほとんど売られず。政策金利も変わらず債券購入850億ドルも変わらず。LN時間にドル円は98.06の安値を付けていたので、NY時間のレンジ98.06-69から考えると安値でも98.06で面合わせ?その後98.69まで吹き上がって98.50にあった実需のドル売りオーダーをこなし、その上に並んでいたストップを引っかけた展開でした。ADPが予想比悪くても98.06までしか下がらず量的金融緩和縮小が来年3月以降になるという予想がもうドル売り材料にされなくなってきたという事ですねぇ。98.70から99円手前では売り上がりの形で実需のドル売りオーダーが断続的に並ぶそうですが99円を越えると大きめなストップロスらしいです。今は材料視されない米暫定予算案・債務上限問題。とりあえずデフォルト回避のためにすったもんだで合意してから既に2週間、何ら解決の糸口すら聞こえてきませんが今は『旬じゃない』んでしょう。これからは来週末11月8日発表の米雇用統計の思惑が徐々に相場に影響を与えるので、それほど大きくは買い上がらないんではないかと思います。さて、97円台のショートも98.50越えで短期投機筋の分は切れているでしょうし、98.70-99.00には売り切り玉が、ずらっと並ぶのであれば98.55-60を買ってもワークしないでしょうから、買うとしたら昨日アジアで重たかった98.30レベルか、98.15か。ショートが切れた後で、98.000が割れて行くような一旦97.900で切って下げ止まるのを確認してからもう一回買い直ししてもいいかなと思いました。逆に先に上がったら98.80-85は99.00越えにタイトストップを置いて売ってみたいと思います。98.35-65は様子見します。インターバンクがどんな入り方をするのか待ってみたいと思っています。



ドル円 レンジ 買い・売り
ドル円は下がれば98.230、98.100で買いから。ストップは97.900で。利食いは98.650で。上がったら98.840で売りから。98.350に利食いを置き、ストップは99.030でみます。 98.350-650は手だししないで様子を見ます。

レンジ  98.000(98.250)--(98.700)98.900 作成時 98.524-528 8:53AM


ユーロドル 売り
ユーロドルは 1.37550、1.37700で売りから。ストップは1.37900に置きながら、1.37000以下、1.36850で利食いするような回転をイメージしました。このところの動きからユーロロングが溜まっていると思うので、戻り売り圧力が強いのではないかと考えています。

レンジ 1.36850(1.37000)--(1.37550)1.37750 作成時 1.37253-260 9:00AM


ユーロ円 買い
ユーロ円は引き付けて134.880、134.750で買いから。134.550にストップを置きながら、135.300、135.400で利食いするような回転をイメージしたい。

レンジ 134.650(134.850)--(135.300)135.450 作成時 135.174-183 9:12AM