SECカーボンが続落、第2四半期営業利益を4.4億円へ下方修正

 SECカーボン<5304.T>が続落。同社は30日、大引け後に14年3月期の第2四半期累計(4~9月)業績予想を修正。連結売上高で当初計画の130億2000万円から104億4900万円(前年同期実績116億8100万円)へ、営業利益で6億2000万円から4億4300万円(同3億6300万円)、経常利益で6億8000万円から6億7100万円(同4億3000万円)に下方修正したことが嫌気されている。主要ユーザーである電炉業界の操業度が低迷、海外では価格競争や需要先送りの影響を受けている。一方、円安による為替差益の影響から純利益は4億1000万円から4億2500万円(同2億6900万円)へ引き上げている。

SECカーボンの株価は11時10分現在337円(▼8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)