武蔵精密が急反落、14年3月期業績予想の下方修正を嫌気

 武蔵精密工業<7220.T>が急反落。30日引け後に14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高1438億円、経常利益102億円から、売上高1450億円(前期比15.1%増)、経常利益93億円(同3.6倍)に下方修正したことが嫌気されている。南米地域やタイ子会社の売上高減少が要因としている。
 同時に発表した第2四半期累計(4~9月)連結決算は、売上高728億9300万円(前年同期比10.2%増)、経常利益51億2500万円(前年同期1億9100万円)となった。主にアジア地域の売り上げ増加が牽引した。

武蔵精密の株価は11時30分現在2347円(▼203円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)