<後場の注目銘柄>=創通、「ガンダム」新シリーズに期待

 創通<3711.T>は商い薄が難点だが、高値更新に向けた動きが期待できる。PER12倍台と割安感のある時価水準には見直し余地が大きい。

 同社はアニメの制作、番組提供などを手掛けるメディア事業と、商品化権、版権事業を扱うライツ事業、球団グッズ販売や球場看板広告などからなるスポーツ事業が3本柱。

 足もとはスポーツ事業はスポンサー営業が苦戦だが、「ガンダム」新シリーズ「ガンダムビルドファイターズ」の10月からのテレビ放送開始もありメディア、ライツ事業は好調。14年8月期は3期連続最高益更新の見込み。

 ただ、ガンダム関連商品の好調な進捗、海外ビジネスの拡大などを考慮すれば上振れの公算は大きいだろう。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)