FOMC終了で次は雇用統計・・・・

政府機関閉鎖の影響で・・・・
 昨日のFOMCは、声明文に大きな変更は無かったものの、利上げの条件の変更も無ければ、低インフレ率への警戒も強まってはいませんでした。この為、特段、「ハト派的」とも判断出来なかった様に思われます。

この為、声明文発表後に、ドルが買われ、ドル円は98円台半ばまで上昇幅を拡大し、一方、ユーロドルは急落する展開となりました。一方で、米国債利回りは小幅上昇に留まり、此方の市場からは、「タカ派的」と云える程でも無い事が判ります。

 一応、市場参加者の話では、これまで、「テイパリング(量的緩和ペースの縮小)開始は3月FOMC」との観測がコンセンサスに近付いていた様に思えました。それが、昨日の声明文によって、「1月の可能性も排除できない」との見方が多少は増えたのかもしれません。

 そうなると、今後の経済指標、中でも、雇用統計の重要性が一段と増したと考える事が出来るかもしれません。11月8日には10月雇用統計が発表される予定ですが、この数字は政府機関閉鎖の影響を受けますから、弱い数字が出る可能性が高く、この雇用統計発表までは、全般的にドルの上値が重い展開が続く様に思われます。