今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

今夜の注目材料は?
東京市場のドル/円相場は日経平均の下げ等が重石となり、ジリジリと98.20円台まで弱含んだ。
この後の展開について、予定されている経済イベントを確認しながら考えてみましょう。

10/31(木)
18:30 (南ア) 9月生産者物価指数
19:00☆(ユーロ圏) 10月消費者物価指数・速報
19:00 (ユーロ圏) 9月失業率
19:00 (日) 外国為替平衡操作の実施状況(9月27日~10月29日)
21:00 (南ア) 9月貿易収支
21:30☆(加) 8月GDP
21:30☆(米) 10/26までの週の新規失業保険申請件数
22:45☆(米) 10月シカゴ購買部協会景気指数
※☆は特に注目の材料

今夜は米新規失業保険申請件数やシカゴ購買部協会景気指数など、米国の重要指標の発表が予定されています。各結果には注目です。

ただ、昨日に米連邦公開市場委員会(FOMC)を通過した一服感がある上、徐々に米10月雇用統計(11/8発表)が意識される中、為替相場に大きな方向感は出るとの期待は持ちにくい状態では有ります。動いたとしても、値幅は限られそうです。