東特電線が14年3月期業績を増額修正、電線・デバイス事業が好調

 東京特殊電線<5807.T>は31日の取引終了後、2014年3月期連結業績予想の増額修正を発表した。売上高は151億円から160億円(前期比22.5%減)に見直したほか、営業利益は7億2000万円から11億円(同2.9倍)、純利益は4億9000万円から8億円(同2.8倍)に増額した。電線・デバイス事業の売り上げ増に加え、人員削減による固定費の圧縮も収益増に寄与する。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)