◆31日の米株式市場の概況 NYダウ続落、量的金融緩和長期化期待がやや後退

 31日の米株式市場はNYダウが続落し、前日比73.01ドル安の1万5545.75ドル、ナスダック総合指数が同10.91ポイント安の3919.71で取引を終了した。10月のシカゴ購買部協会景気指数が65.9と市場予想の55.0を大きく上回ったこと受けて、量的金融緩和策の長期化期待がやや後退。株価指数が高値圏にあるだけに、前日に続いて利益確定売りに押される展開となった。また、クレジットカードのビザなどが決算発表後に大きく下げ、指数の重荷になった。出来高概算はニューヨーク市場が9億771万株、ナスダック市場が21億7298万株だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)