リコーが軟調、4~9月期最終利益倍増も従来見通しに届かず

 リコー<7752.T>が軟調、4ケタ大台を割り込んでいる。同社が31日発表した、13年4~9月期連結決算は最終利益が前期比2.1倍となる247億1100万円と大幅増益を達成したが、従来予想の300億円には届かなかったことで売りが先行している。人員削減などの経営合理化や為替の円安メリットが発現しているが、7~9月期に期待した事務機の新製品の売り上げが想定を下回った。なお、14年3月期通期見通しについては、売上高予想のみ増額、従来予想に500億円上乗せし前期比13.3%増の2兆1800億円を予想している。

リコーの株価は9時10分現在999円(▼34円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)