カルナバイオに下げ止まり感、材料内包でリバウンド期待の買い観測

 カルナバイオサイエンス<4572.T>が売り一巡から下げ止まる動き。ここバイオ関連株が総じて軟調展開を強いられる中で同社株も調整色を強めていたが、目先売り圧力の減退とともに下値を拾う動きが観測されている。テクニカル面でもボリンジャーバンドの下限(マイナス2シグマ)に位置しており、リバウンドが意識される場面。同社は研究開発型のバイオベンチャーで主力とするキナーゼ酵素販売が好調、今期は新薬のライセンスアウトも予定され業績変化への期待が強まっているようだ。

カルナバイオの株価は9時44分現在8万2000円(△700円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)