サイバーがS高カイ気配、14年9月期業績急回復見通しを好感、「Ameba」利益貢献へ

 サイバーエージェント<4751.T>がストップ高カイ気配。10月31日発表の本決算で、14年9月期の連結業績予想を売上高1800億円(前期比10.8%増)、営業利益200億円(同93.8%増)、純利益100億円(同4.8%減)と大幅営業増益を見込み、また、配当予想を40円と実質5円の増配としたことが好感されている。スマートフォン市場の成長を背景にインターネット広告事業やメディア事業の伸長を見込むほか、大規模プロモーションや先行投資を行ってきたスマートフォン向けコミュニティ&ゲーム「Ameba(アメーバ)」の本格的な利益貢献を見込んでいる。
 なお、13年9月期は売上高1624億9300万円(前の期比15.2%増)、営業利益103億1800万円(同40.7%減)、純利益105億400万円(同23.3%増)となった。

サイバーの株価は10時54分現在3175円(△500円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)