ガンホーの下げ基調続く、6万円大台攻防に

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765.T>の下落基調が止まらない。同社成長代名詞ともなっていた「パズル&ドラゴンズ」の収益成長に減速感が鮮明となっており、これを嫌気した投げに押される展開が続いている。証券系調査機関からもここ投資判断を引き下げる動きが相次いでおり、「大口の投資家がまだ売り切っていない」(国内ネット証券)との見方が示されるなかで値ごろ感からの押し目買いが飲み込まれている状況。目先は6万円大台攻防で、ここがひとつの分水嶺として意識されるが、8月26日には5万円トビ台まで売り込まれる場面もあっただけに、時価は依然として弱気筋が優勢のようだ。
 
ガンホーの株価は12時31分現在6万400円(▼1200円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)