トリドールが続落、既存店売上高想定下回り14年3月期業績予想と配当予想を下方修正

 トリドール<3397.T>が続落し、年初来安値を更新した。10月31日引け後に14年3月期通期業績予想を従来予想の売上高820億円、営業利益74億3000万円、純利益33億円から、売上高794億円(前期比12.0%増)、営業利益43億円(同39.0%減)、純利益3億円(同90.8%減)に下方修正したこと嫌気している。国内既存店売上高が想定を下回っているほか、朝営業の実施などによる人件費や水道工別費などの経費増が収益を圧迫するとしている。また業績予想の修正に伴い、従来17円を予定していた期末一括配当を7円にすると発表したこともネガティブ視されている。
 なお、同時に発表した第2四半期累計(4~9月)連結決算が売上高396億5900万円(前年同期比13.6%増)、営業利益26億8900万円(同36.8%減)、純利益6億8100万円(同68.5%減)と大幅減益となった。

トリドールの株価は12時59分現在835円(▼89円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)