大豊工業が4日続落、いちよし経研が投資判断引き下げ

 大豊工業<6470.T>が4日続落。いちよし経済研究所が10月31日付で投資判断を「A」から「B」とし、フェアバリューを1600円から1300円に引き下げたことが観測されている。利益率の高いベアリングを牽引役とした中期成長シナリオに変化はないが、10月30日に発表した14年3月期通期業績計画の上方修正で、当面の好材料は出尽くしたと指摘。また、労務費をはじめとする諸経費の増加や子会社業績の悪化などにより、当面の利益成長が従来予想に対して小幅にとどまるとの見方に見直したとして、フェアバリューを引き下げている。

大豊工業の株価は13時11分現在1160円(▼72円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)