東ソーが後場プラスに転じる、14年3月期業績予想の上方修正を好感

 東ソー<4042.T>が後場プラスに転じてきた。午後1時ごろに14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高7300億円、経常利益390億円から、売上高7500億円(前期比12.2%増)、経常利益440億円(同31.0%増)に上方修正したことが好感されている。ナフサ価格が前提を上回ることや販売数量の増加に加えて、円安進行による為替差益の発生などが要因としている。
 なお、同時に発表された第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高3656億5200万円(前年同期比17.3%増)、経常利益235億300万円(同5.3倍)と大幅増収増益となった。

東ソーの株価は14時8分現在390円(△16円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)