セガサミーHDの第2四半期は上振れで着地

 セガサミーホールディングス<6460.T>はこの日、大引け後に14年3月期の第2四半期累計(4月~9月)決算を発表。連結売上高で当初予想の1610億円に対して1622億900万円(前年同期比18.8%増)、営業利益で100億円に対して123億9800円(同57.1%増)で着地した。パッケージゲームソフトの販売が予想以上に伸びたことが要因で広告宣伝費など、営業費用の節減効果も表面化している。
 通期は売上高4850億円(前期比50.9%増)、営業利益730億円(同3.8倍)の当初予想から変更はない。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)