住友大阪が14年3月期業績予想を上方修正、セメント事業のコスト削減など寄与

 住友大阪セメント<5232.T>がこの日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高2250億円、経常利益155億円から、売上高2300億円(前期比5.0%増)、経常利益200億円(同36.9%増)に上方修正した。セメント事業でのコスト削減や鉱産品、建材、光電子事業での販売の増加などが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)