郷鉄工所の今3月期第2四半期は売上げが計画を下回り赤字幅大きく拡大

 郷鉄工所<6397.T>は1日取引終了後に集計中の今14年3月期第2四半期累計(4~9月)の業績予想を下方修正した。前回予想の売上高19億6300万円を14億3700万円(前年同期比11.6%増)へ引き下げ、経常損失600万円から1億7200万円の(前年同期5600万円の赤字)へ赤字幅拡大を予想した。機械やその他事業の売上げ計上が遅れ、ライニング製品の受注環境が悪化していることから、売上高が計画を大きく下回り、損益が悪化する。