アイレップが13年9月期業績見込みを下方修正、従業員の前倒し採用など利益圧迫

 アイレップ<2132.T>がこの日の取引終了後、集計中の13年9月期連結業績について、従来予想の売上高415億5500万円、営業利益10億2400万円、純利益6億1700万円を利益面で下回り、売上高473億9000万円(前の期比25.5%増)、営業利益9億5000万円(同3.0%増)、純利益5億8400万円(同0.9%増)で着地しそうだとの下方修正を発表した。主力のリスティング広告など運用型広告の出稿が増加したことで売上高は想定を上回ったが、従業員の採用を前倒しで行ったことや、オフィススペースの拡張を行ったことなどから費用が増加し利益の下方修正に至ったという。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)