日東紡の第2四半期は予想上回り着地、機能材や環境・ヘルス事業が好調

 日東紡績<3110.T>が1日に発表した2014年3月期第2四半期(4~9月)の連結業績は、従来予想を上回って着地した。売上高は400億円の予想が415億900万円(前年同期比3.5%増)となり、営業利益は30億円が31億6400万円(同15.1%増)、純利益は10億円が14億7500万円(同15.0%減)となった。機能材事業および環境・ヘルス事業が堅調に推移したことが収益を押し上げた。
 14年3月通期の業績予想は、売上高、営業利益などは据え置かれたが、純利益は30億円から36億円(前期比26.8%増)に増額された。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)