ドル円、押し目買いのチャンス!?

日本時間は短期ロングの利食いで安値を更新する展開へ
昨日のドル円は東京株式市場が休場だったこともあり、上下30銭の小動きとなりました。
短期のロングは本日の東京オープンと共に利食いが出た様子で、ドル円は昨日の安値を更新。
98.47円まで下落していますが、もう少し押しが欲しいところ。
98円は割れそうな雰囲気はないものの、98.20-40円で買いポジションを作り雇用統計前まで上昇するというシナリオの下、99円台後半で利益確定をするというスイングトレードのイメージ。

今夜の「米・ISM非製造業景況指数」が良い数字であれば置いていかれてしまうので、日本時間と欧州時間でポジションは作り終えていたいところです。
とはいえ、118円高で始まった日経平均の高値更新の望みは薄いようなので、日本時間は下押しが浅ければ、打診買いに留めておきたいところです。