<動意株・5日>(前引け)=ミネベア、Dガレージ、イビデン

 ミネベア<6479.T>=急伸。同社は1日、14年3月期通期の連結業績見通しの修正を発表、売上高は従来予想の3430億円から3600億円(前期比27.5%増)に、営業利益は192億円から270億円(同2.7倍)に、最終利益は112億円から170億円(同9.4倍)に大幅増額した。自動車販売の好調などを背景に主力のベアリングが予想以上の受注推移となっているほか、スマートフォン向けバックライトなども収益を牽引、売上高、利益ともに会社側の想定を大きく上回っている。株価はこれがポジティブサプライズとなり寄り付きから買い物が集中した。

 デジタルガレージ<4819.T >=大幅高。同社が資本提携している米国のミニブログ企業のツイッターは4日、株式上場の想定公開価格を当初の17~20ドルから、23~25ドルに引き上げたことが明らかになった。ツイッターは今週7日にも米国で株式上場するとの観測が出ており、同社に出資するデジタルガレージにとって公開価格の引き上げはプラス要因との見方から買い人気が膨らんでいる。

 イビデン<4062.T>=急反発。1日に2014年3月期連結業績予想の増額修正を発表したことが好感されている。売上高は2900億円から3000億円(前期比4.9%増)に見直したほか、純利益は90億円から130億円(同5.8倍)に増額している。主力の電子部品がスマートフォン向けに堅調なほか、海外生産拠点での原価低減が進んでいる。また、為替の円安が収益の押し上げ要因に働く見通しだ。
 
※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)