古河電工が3日ぶり反発、クレディスイス証券は「アウトパフォーム」目標株価300円に引き上げ

 古河電気工業<5801.T>が3日ぶりに反発。クレディスイス証券では5日付で、投資判断を「アンダーパフォーム」から「アウトパフォーム」に、目標株価を200円から300円にそれぞれ引き上げている。アルミや半導体製造装置など最近の統計が極めて強いことや、競合会社の利益上方修正などから、同社利益も下振れ懸念から上振れ予想へ改めるとコメント。35年程度の電線ケーブルの更新サイクルが長期的な回復期に入りつつあることも注目に値するとしている。

古河電気工業の株価は14時17分現在234円(△13円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)