ロームは14年3月期業績を増額修正、自動車関連向けなど堅調

 ローム<6963.T>は5日、2014年3月期の連結業績予想の増額修正を発表した。売上高は3000億円から3200億円(前期比9.4%増)に見直したほか、営業損益は165億円の黒字から190億円の黒字(前期は9億2100万円の赤字)、最終損益は135億円の黒字から170億円の黒字(同524億6400万円の赤字)に増額した。自動車関連や産業機器向けが堅調なほか、為替の円安やコスト削減効果などが寄与する。なお、下期の為替レートは1ドル=95円を前提としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)