信用の高値期日接近や為替の動き、企業決算の期待弱まり、上値重い展開

今週も為替の動向や企業決算を横目に上値の重い展開
 先週の予測では、現状は三角保ち合いの中の動きとなっており、戻りを試せば14800円水準が上値で、下値模索となればまずは14000円水準、ここを切ると10月8日の13748円が下値ポイントとしました。
 週初めは、前週末の急落からの自律反発とアメリカ株式の上昇と好決算期待で、30日(水)には14500円台を回復しました。しかしガンホーの急落やバルチック指数の下落をきっかけに先物主導で下げ幅を拡大する動きとなり、31日(木)は▼174の14327円、さらに週末11月1日(金)はアベノミクス効果で期待の高まっていた主要企業の1つソニーが予想外の下方修正となったことで売りに押され、▼126の14201円で引けました。
 今週も本格化している決算を前に一進一退の動きとなりそうです。すでに6割の企業が発表を終えて全体では通期予想の上方修正が多いものの、ソニーやコマツ、日産自動車など主力銘柄の下方修正が目立ち、相場全体を押し上げる状況とはなっていません。その背景には外国人買いが細って市場ボリュームが低い中先物主導によって振り回されているところがあります。さらに今週はアメリカで重要な経済指標の発表もあり、円相場への影響を見極めたい動きも強く、目先は14000~14600円のレンジでの動きが想定されます。
 連休明け5日(火)は、海外株高の流れを引き継いで△118の14310円と高寄りするものの、ソニーに続き日産が下方修正して急落となったことで日経平均も上げ幅を縮小する動きとなり、終値は△23の14225円で引けました。