扶桑薬品、第2四半期利益予想を上方修正

 扶桑薬品工業<4538.T>は5日取引終了後に集計中の今14年3月期第2四半期累計(4~9月)の業績予想を修正した。売上高248億円を245億円へわずかに引き下げたが、経常利益13億円を16億円へ増額。販売費、一般管理費が当初計画に比べ少なく、営業利益が当初予想を上回る見込みで、最終段階まで利益予想を引き上げた。なお、3月に連結子会社の扶桑興発を清算したことに伴い、今期から単独決算に移行したため、前年同期比較はない。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)