東洋建が第2四半期業績を増額修正、国内土木工事の利益率が好転

 東洋建設<1890.T>は5日、2014年3月期第2四半期(4~9月)の連結業績予想の上方修正を発表した。売上高は600億円から684億円(前年同期比34.8%増)に見直したほか、営業損益は7億円の黒字から21億5000万円の黒字(同3億4700万円の赤字)、最終損益は収支均衡から6億9000万円の黒字(同11億7600万円の赤字)に上方修正した。国内・海外の工事進捗が順調だったほか、国内土木工事の利益率も好転した。
 なお、14年3月通期の業績予想は据え置いている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)