【買い】岩塚製菓 (2221) 11月8日の中間決算発表も期待できるか = フェアトレード 田村 祐一

年初来高値更新も、株価は割安な水準
2013年11月6日11時32分追記

前場は、前日比3.37%高の5200円で引けました。上場来高値を更新しています。出来高は若干少ないものの、上値を追う展開となっており、後場はさらなる株価上昇が期待できると考えます。後場は引き続き株価動向に注目したいです。

■注目銘柄
岩塚製菓 (2221)

■注目理由
同社は、国内米菓3位であり、台湾の旺旺と技術提携を行っています。旺旺は、時価総額1兆円を超える巨大菓子メーカーであり、中国におけるせんべいのシェアは70%、子供用ミルクは45%、スナック23%等、圧倒的なシェアを誇っています。実は、同社は旺旺の総株式の約5%を保有しており、毎年10億円程度の配当金を得ています。

同社の株価水準は、旺旺の株式を保有し、安定的に配当収入を計上できるという点が考慮されていない水準と判断しました。同社のPBRは0.44倍と、同社の保有している資産が過小評価されていると言えるでしょう。また、同社の本業は、前年度は販売不振により苦しんでいましたが、コストカットや販売商品の見直し等を行い、黒字が定着しつつあります。

直近の同社株価は、年初来高値を更新し、上昇トレンドに突入した可能性が高く、今後はさらなる株価上昇が期待できると破断しました。直近の相場では、PER面、PBR面で割安な銘柄に資金が流入する傾向があります。同社は、高成長を続けている旺旺の株式を保有しているという点では、他の割安株と比較して、買いが入りやすいといえるのではないでしょうか。11月6日は、同社の株価動向に注目したいと考えます。

なお、11月8日には、中間決算発表を控えています。中間決算発表で、好調な業績推移が確認できれば、中長期的にも上昇トレンドを形成する期待が持てるために、ここ数日間は、同社の株価動向には注視したいと考えています。