米株安などの影響を受け反落

6日の株式相場見通し
 6日の東京株式市場は、前日の米株安などの影響を受け、日経平均株価は反落の動きとなりそうだ。
5日の米国株式市場は、NYダウ平均株価が、前日比20ドル安の1万5618ドルと3日ぶりに反落した。
外国為替市場では1ドル98円50銭台での推移となっている。
発表された10月のISM(米サプライマネジメント協会)非製造業景気指数が55.4と、市場予想の54.0を上回ったことから、米量的緩和の長期継続への期待が後退したと受け止められ、これが売り材料となった。

 日程面では10月初旬の日銀金融政策決定会合の議事要旨が公表される。
また、企業の決算発表ではトヨタ自動車<7203>の4~9月期決算発表に注目。
海外では9月のオーストラリア貿易収支やユーロ圏の小売売上高、米景気先行指標総合指数などがマークされる。