手控えムードが徐々に拡がる=外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

手控えムードが徐々に拡がる
8日発表の米10月雇用統計を意識して、ドル/円相場には徐々に手控えムードが強まってきており、方向感に乏しい。

本日は手掛かり材料になりそうな経済イベントも乏しく、株や金利次第の主体性のない値動きが予想される。こうした中で先週後半から上値の重さの目立つ99円付近を超えて上昇する展開は考えにくいが、一方で98円を割り込んでなお売りが続くような継続的な下げも想定しにくい。

基本的に98円台で概ね推移すると考えられる。ただし、手控えムードが強いだけに、大口の注文が入ると値が大きく動いてしまう可能性もある点には留意しておきたい。