JFEが反発、インドネシアのセメント最大手と環境関連事業で提携と報じられる

 ジェイ エフ イー ホールディングス<5411.T>が反発。6日の日本経済新聞が傘下のJFEエンジニアリングが「インドネシアのセメント最大手、セメンインドネシアと環境関連事業で提携することで合意した」と報じたことが材料視されている。14年度中にも工場の廃熱で発電する設備を納入、ごみの燃料化技術や焼却炉設備の配置でも協力する。プロジェクトは政府が導入を狙う「2国間クレジット制度」の適用を目指しており、官民連携で行う省エネ技術の海外展開の先行事例となりそうだと伝えている。株価は前日まで7日続落しており、押し目買いが優勢になった。

JFEの株価は10時26分現在2218円(△25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)