アスクル反発、大衆薬ネット販売関連の切り口で買い直し

 アスクル<2678.T>が反発。株価は一時、前日比82円高い3065円まで買われている。前日は利益確定売りに大きく調整したが、きょうはすかさず切り返し3000円大台を回復した。大衆薬のネット販売解禁の流れのなかで、ヤフーとの大衆薬市場へ共同参入、1兆円規模ともいわれる大衆薬市場の需要取り込みに動いていることが同社の上値期待を膨らませている。安倍政権は5日、医療用から切り替わったばかりの市販薬23品目について、ネット販売が可能になるまでの安全性の調査期間短縮を決定したと報じられ、これが株価にフォローの風となった。

アスクルの株価は10時56分現在3035円(△52円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)